女性

ブランディングに活かせるオリジナル手提げ袋は通販で買えます

オリジナルが人気

手提げ袋

物販を営む店舗では、購入された商品を手提げ袋に入れて渡すのが一般的。ただ、最近はエコ活動を意識して、希望した顧客のみに手提げ袋を渡すところもあります。ここは全ての人が常にエコバックを持っているわけではないので、最低限の数は店舗で準備しておく必要があります。
必要なものを準備する際には、なるべく店舗のロゴや名称、さらに連絡先などが分かるオリジナルのものを作っておくといいでしょう。オリジナルだと、ユーザーが持ち歩くことで、宣伝効果になりますしターゲットに合わせた仕様にしておくと喜ばれます。ですから、店舗側は手提げ袋を甘く見るのではなく、販促としてうまく活用できるように手配しておくことが大切です。

店舗オリジナルの手提げ袋は、通販サイトでオーダーすることができます。ここでは、スタンダードなタイプの袋を数多く揃えており、そこでオリジナルの印刷サービスを行なってくれます。コストはかかりますが、この手間をかけることで他店との差別化を図ることができるでしょう。また、オリジナルのオーダーはまとめて注文すると、単価が下がります。単価が下がれば既成品との価格差はそこまで大きくなくなるので、プラスアルファを取り入れることは問題となりません。また、通販サイトの中には会員登録したら利用できる限定キャンペーンもあります。これを活用すれば、さらに店舗で必要な手提げ袋をお得に準備できるので、経費節約や付加価値をつけるのに役立ちます。

販促効果を高める

ハガキ

昔ながらの販促手法として用いられているハガキのDMは、今でも企業から人気を集めています。販促効果を高めるなら、コストへの意識と開封率のアップに繋がるように改善することが大切です。

詳細へ

付加価値が必要

パソコンを操作する女性

これからの時代に求められる付加価値を意識したマーケティングは、ブランディングでしょう。ユーザーと共感や感動を共有する戦略を立てることで、ロイヤルカスタマーを作ることができます。

詳細へ

コスト削減に繋がる

ハガキ

コストパフォーマンスを上げる販促活動なら、DM発送代行を利用するのがいいでしょう。DM発送で起こる無駄な手間を省くことができますし、費用面でも大幅な削減が見込めるから人気を呼んでいます。

詳細へ